ほいちゃっぴのオフロードにっき

KTM 250EXC に乗っています。 オフロードやキャンプのことを書きます。

TE250i ローダウンの巻

みなさんこんにちは

今回はTE250iに4段階調整式のリンクをインストールしてみました。

◆なんで入れるの?

250EXCのってたときもそうなのですが、やっぱり外車は車高が高いです...

ローシートいれても、身長170cmちょっとの私だと片足ツンツン

クロスカントリーやモトクロスなら足がつかなくても問題ないのですが、ハード系のエンデューロでは、足がつかないと厳しい場面があります。

 

◆車高の落とし方

KTMのEXCシリーズには純正オプションで-20mm、-50mmのローダウンキットがあります。

しかし.... ハスクには純正ローダウンキットがないのです...

となると答えは二択

・サスペンションに強い店でローダウン加工

・ローダウンリンクを入れる

 

前者はおおよそ10万ほどかかるので、今回は社外リンクを入れることにしました。

 

◆リンク探しの旅

TEのローダウンリンクについて調べてみたものの、全くと言っていいほど記事がありませんでした。

 

こう言う時は英語で調べるのです...

ちなみにローダウンは英語圏では通じないので"Lowering"とか"Lowered"で調べましょう。

もちろん18年モデルのTEの情報とか無いので、品番が同じ17年モデルで調べます。

 

デデン!!

 

2017年のTE250対応の製品が出てきました...!

f:id:hoitya:20171004204851j:plain

DeVol Engineeringとか言うところから出てました!

f:id:hoitya:20171004205226j:plain

16年以降のハスクに対応し、なんと4段階で車高調整が出来るとのこと...!

こいつぁいいぞ!

お値段も日本円で2万円ほど

 

というわけで、いつも使ってるRockyMountainATV MCで検索~♪

在庫があったのでDHLのエクスプレス便で注文!!!

 

~3日後~

f:id:hoitya:20171004210442j:plain

はるばるアメリカから届きました!

さすがDHL!速い!!

 

◆取付!

サクサクっと取り付けていきます!

まずはスタンドで車体を上げ、17mmのソケットでリンクを外していきます

f:id:hoitya:20171004210611j:plain

リアブレーキのペダルがピンと干渉するので取り外します...

f:id:hoitya:20171004210821j:plain

リンクを取り外したら

f:id:hoitya:20171004210856j:plain

標準リンクからスリーブを引っこ抜いて

f:id:hoitya:20171004210948j:plain

こっちに付け替えます。

あとは逆の手順で取り付けて行くだけです。

f:id:hoitya:20171004211033j:plain

ね、簡単でしょ?

 

◆インプレ

-17mmダウンの効果は絶大です、片足ツンツンだったのが片足ベッタリになりました!

動きも特に違和感無く、サグ出し、前サスの突き出し量を調整すれば完璧でしょう!

ただ、フロントサスを10mm以上突き出すにはバーライズキット入れないとダメみたいです...

あと、車高を下げた影響で、標準のサイドスタンドでは車体が立ちすぎ加工必須です。

 

次回はソフトスプリングの取り付け、スタンド加工の記事を書こうと思います!

お楽しみに~

 

2018 TE250i 納車即北海道ツーの巻

みなさんこんにちはほいちゃっぴです。

突然ですが...

f:id:hoitya:20170918213007j:plain

2018 TE250i

2018 TE250i 納 車 さ れ ま し た 。

 

そうです、噂の2stインジェクションでございます。

 

◆とりあえずインプレ

納車翌日100kmほど走って、どんな感じなのか確かめてみました。

低速が...太いぞ...!!! セッティングもあると思いますがキャブより低速トルク太い!

レスポンスはキャブよりやや劣りますが、普通にレーサーレスポンス。

そして圧倒的燃費...! ちょっとラフに開けて走っても舗装路なら25km/L

250EXCではどんなに頑張っても14km/Lでした....

そして購入の決め手となった、分離給油方式

コンピュータで完全に制御された給油方式を採用しています。

100km程度では全くオイルが減っておらず、どのくらい減ったのかわかりませんでした...

◆納車即北海道?!?!?!

はい、9月4日に納車され、4日後の8日に北海道に向け出発www

本当は250EXCで行く予定でしたが、思ったより早くTEが納車されたので... みんなにバカじゃないのって言われました、誠に遺憾でございます。

 

◆北海道ツー準備

まずはルートの確認ですね、行きは新潟~小樽、帰りは苫小牧~大洗のフェリーでルートを決めました。

時計回りルートですね。

f:id:hoitya:20170918214113j:plain

こんな感じでグーグルマップを利用してルートを練りました。

 

・積載装備

GIVIのサイドバック(EA100B)を装着しました。

GIVI(ジビ) サイドバッグEA100B 94355

ただオフ車につけるにはベルトが長すぎました.... (気合で調整)

28L×2なのでキャンプしない予定なら余裕です。

f:id:hoitya:20170918214440j:plain

f:id:hoitya:20170918214838j:plain

 

・足回り

標準装備のエンデューロタイヤではエッジが高すぎて高速走行が死ぬほど怖いのでトレールタイヤに変更しました。

Fタイヤ:ブリヂストン TW301

BRIDGESTONE(ブリヂストン)バイクタイヤ TRAIL WING TW301 フロント 3.00-21 51P チューブタイプ(WT) MCS09517 二輪 オートバイ用

Rタイヤ:ブリヂストン TW302

BRIDGESTONE(ブリヂストン)バイクタイヤ TRAIL WING TW302 リア 4.60-18 63P チューブタイプ(WT) MCS08473 二輪 オートバイ用

このTWシリーズはブリヂストンお得意の、トレッド3分割構造でセンター減りが他のタイヤほど激しくないようです。

軽く高速に乗りましたが、100km/h走行をしても接地感が普通にありました。

 

次にスプロケットですが、標準のF14T、R50Tでは低速振りすぎるので、Rを46Tに変更しました。

46Tの場合、標準の118リンクチェーンでは長すぎるので、2リンク詰めた116リンクに変更が必要です。 (モタードの資産を利用しました。)

 

・持ち物

・付属の車載工具(車載出来るとは言っていない)にタイヤレバー1本とパンク修理キットをプラス

・2サイクルオイル 純正指定の Bel-Ray Si-7 を2L持っていきました。

・着替え3日分

・インフレーターマット mont-bell

・ダウンシュラフ mont-bell

・ミラーレス一眼 SONY α6000 (軽量コンパクトで写りもいいのでオススメ)

・交換レンズ2本 SIGMA 19mm f2.8 , SIGMA 60mm f2.8

・三脚

・充電器類

ツーリングマップル

 

・そして出発

まずは自宅の横浜から新潟港まで向かいます。

新潟に入ってから滝雨で泣きました....

 

かなり早く着いたので近くのネカフェで仮眠してからフェリーに乗船。

ここで問題が?!

船員さん「左に切ってハンドルロックして下さい!」

俺「このバイク... 右じゃないとハンドルロック出来ないです....」

船員さん「そしたら左に切るだけで大丈夫です!」

一安心...

f:id:hoitya:20170918220653j:plain

積み込み完了....!

 

あとは寝て待てば北海道!

そして午前4時、小樽港に到着。早速稚内を目指して進軍!

f:id:hoitya:20170918221118j:plain

オフ車で来てよかった、オトンルイ風力発電所

f:id:hoitya:20170918221307j:plain

最北端到達...!

初日だけで400km位走りました、ケツいてぇw

そして驚きの燃費が出ました.... 30km/L

EXCの2倍走るとは...

 

f:id:hoitya:20170918221456j:plain

利尻島に上陸しました!

今までに何台のハスクがこの島に来たんだろう... 片手で数えるレベルの予感...

 

夕張のコンビニに寄ったら...

f:id:hoitya:20170918221634j:plain

あれれ... FE250が居る... EDレーサーで旅してる仲間に出会えるとは思えませんでした、しかもハスク、完全に奇跡。

ちなみに皆さんご存知かと思いますが 雑誌rider 編集?の人でした。

rider (ライダー) vol.13 [雑誌] (オートバイ 2017年9月号臨時増刊)

もしかしたら次号で載るかもw

 

最終日は現地ガイド(フォロワー)案内のもと羆がいっぱい出る林道で遊んできましたw

f:id:hoitya:20170918222159j:plain

火山灰系の土壌なので雨降るとめちゃ滑ります(おう雨だよ)

 

帰りは商船三井フェリー、ちなみにハンドルロックは右でOKでした。

ここらへんの判断基準が不明ですね... 稚内利尻島のフェリーは右切りでハンドルロックなしでした。

f:id:hoitya:20170918222337j:plain

台風の影響か、大洗入港3時間前くらいから無茶苦茶揺れました...

 

そして無事帰宅!

f:id:hoitya:20170918222553j:plain

雨の中大洗から横浜までノンストップで帰りました(涙)

 

10日間

総走行距離2688.9km

無事故

無違反

ノントラブル

で北海道回れました!

 

信頼性はこれでOKかなw

プラグとミッションオイルが死んだっぽいので、次回はメンテ記事を投稿したいと思います。あとRMオーバーホールの記事...!

RM80 レストア その1

みなさんこんにちは。

最近ブログ書く気に満ちているほいちゃっぴです。

 

今回は友人から依頼された、1990年式 SUZUKI RM80のレストア記事を連続で行きたいと思います!

 

◆RM80ってどんなバイク?

RM80とは2001年までSUZUKIが発売していたキッズ用モトクロスバイクです。

80ccですがエンジンは20馬力以上あり、超ハイパワーです。

市販車とは違いエンジンの消耗も早く、定期的なメンテナンスが必要なバイクです。

f:id:hoitya:20170805020446j:plain

◆状態を見てみよう

まずまたがると一発でわかりますが、リアサスペンションがビヨンビヨンです。

公園にあるバネの付いた例のアレくらいビヨンビヨンですw

オイルが完全に抜けてしまったのでしょうか... 減衰力が0です...

ロッドも点サビが結構出ているので要再メッキです。

 

続いてエンジン、乗った感じはパワーがある気がしますが、ちょっと弱いかな?

車体を少し倒すとキャブから無限にガソリンが溢れます、恐らくフロート周辺が固着・変形しているのでしょう。

 

◆メンテ開始!

まずはリアサスを取り外します、リンクとサスペンション上部のボルトを外し、

エアクリーナーから伸びているダクトを外し、ああだこうだ知恵の輪を解くように

サスペンションを動かすと抜けますw

f:id:hoitya:20170805015913j:plain

サスペンションのオーバーホールはババナショックスさんに依頼しました!

 

次に、ピストンリングを交換するためにシリンダを外します。

クーラントを抜き、チャンバーを外しサクサクっと作業を進めていきます。

f:id:hoitya:20170805020206j:plain

シリンダを取り外す所まで来ましたが、ガスケットが固着していて、なかなかシリンダが外れません… 仕方ないので、プラハンで打撃を与えつつ慎重に外していきます。

10分ぐらい格闘の末にようやく外れましたorz

 

f:id:hoitya:20170805020021j:plain

f:id:hoitya:20170805020051j:plain

シリンダですが内部は鏡面になっておりクロスハッチは完全に消失、

ピストンリングもかなり痩せていたみたいでピストンとシリンダに縦キズが

まあまああります。

古いピストンリング外そうとしたら、超鋭利になっていて親指の先がスパッと

切れました(涙

指が結構さっくり切れてやる気がなくなったので、今日はここまでにしますw

 

 

次回はシリンダの簡易ホーニングとキャブOHについて書こうと思います。

お楽しみに!

250EXC ピストンリング交換

みなさんお久しぶりです。 ほいちゃっぴです!

前回の更新からかなり間空きましたが、CGCで死んだわけではございませんw

 

今回は250EXCのピストンリングを交換したいと思います。

 

◆なんで変えるの?

去年の12月に納車して、なんだかんだ3800km 約100時間稼働と結構酷使しました...

エンジン稼働時間100時間という節目?だったので、なんとなく交換してみよう程度の考えです。

実際、パワーダウンも感じませんし、異音など違和感もない状態です。

ホントにレーサー?って言うぐらいなんも起きないですw

 

必用部品

ピストンリング交換するにあたって以下の純正部品が必用です。

ピストンリング54830232000 ×2

・ガスケットセット55430097000 

 

ディーラーで頼んで約1周間で到着、部品代は1万円くらい。

下手したら国産より安いのでは....

外車だから部品来ないし高いんでしょと悩んでるそこのアナタ!

KTM(とハスクバーナ)は日本車を維持するのと全然変わらないですよ!!

 

◆整備開始

EXCのメンテはとても簡単です!

シート外し

タンク外し

チャンバー外し

クーラント抜き

ヘッド外し

シリンダー外し

たったこれだけ!

f:id:hoitya:20170730220752j:plain

f:id:hoitya:20170730220755j:plain

f:id:hoitya:20170730220801j:plainf:id:hoitya:20170730220759j:plain

 

◆シリンダーとピストンを見てみよう

f:id:hoitya:20170730221059j:plain

クロスハッチもクッキリ、大きな縦キズなども無くとてもキレイです。

f:id:hoitya:20170730221208j:plain

f:id:hoitya:20170730221232j:plain

ピストンもキレイですね....

キズというほどの縦キズも無く...

これホントに100時間走ったレーサー.......???????

毎週1~2回くらい自走で往復100km前後走って林道アタックをしているのですが....

ちょっとキレイすぎてビビりましたw

 

EXCのピストンリングですが、市販車に比べると結構緩いです。

そのおかげでシリンダーの摩耗は少ないです。

ですが、張力を保つために定期的に交換したほうがいいかな?と思いますが、

100時間では交換の域に達していませんでした....

 

◆排気デバイスの清掃

シリンダーを外したついでに排気デバイスの清掃も行います。

こいつの動きが鈍くなるとエンジンの調子が悪くなります...

YPVSとかKIPSで悩まされた人はよく分かるかとw

 

というわけで分解!

全部トルクスかと思いきや、普通の六角なんですね...

f:id:hoitya:20170730222609j:plain

ボンドでくっつけてあるのでドライバーなどを駆使して蓋を開けます。

f:id:hoitya:20170730222747j:plain

バルブが現れました! そこそこカーボンが堆積していますね。

さらに、サイドの金具を外していき、両脇についてる筒状のバルブも摘出します。

f:id:hoitya:20170730222921j:plain

至ってシンプルな構造で、中央の大きいバルブと、サイドの小さいバルブ2個がクランクから伸びているプッシュロッドで連動して動くだけです。

f:id:hoitya:20170730223320j:plain

カーボンが堆積して真っ黒なので溶剤を使って清掃します。

f:id:hoitya:20170730223408j:plain

剥離剤をかけるとどんどん溶けていきます。

手にかかると火傷するのでお気をつけ下さい...

またラテックス系の手袋は溶けるので、こちらもお気をつけ下さい......

f:id:hoitya:20170730223537j:plain

2~3回剥離剤につけて、水洗いを繰り返すとピッカピカになります!

後は可動部にグリスを塗布し、逆の手順で組み上げれば完了です。

f:id:hoitya:20170730223710j:plain

一通り作業が終わったら、新品のガスケットをインストールし、シリンダー内にオイルを塗布し、組み上げていきます。

ベースガスケットは何枚か種類があるので、ガスケットセットを購入するか、事前に厚さを測ってから注文しましょう!

 

全て組み終わったら、クーラントをいれ作業終了です!

慣れていれば半日もかからずに作業出来ると思います。

 

さて、乗ったフィーリングですが....

特に変わりませんでしたwww

つまり街乗り含めた100時間位じゃ全然摩耗しないということですねw

 

以上、久しぶりの更新でした!

ガードの見直し!

こんにちは、ほいちゃっぴです。

 

突然ですが3月4日開催の雛祭りエンデューロに出場することになりました!

なんだかんだ初コース走行、初レースです!

週2でオフ練をし、会社では休み時間に1階から6階までダッシュして体力をつけたりと、日々レースに向け練習していますw

 

さて...

最近かなり激しく動くようになってきたので(いつものメンバー骨ヒビ2名発生)バイク&自分のガードを見直すことにしました。

 

◆自分のガード

 激しい路面にアタック、平均スピードの上昇、ジャンプが多くなった、これらを踏まえて、首のガードを強化するため、ネックブレースを導入しました。

首の可動範囲を制限し、頭があらぬ方向へ曲がるのを防ぎます。

また鎖骨にもガードがあるので鎖骨も守れるようです。

LEATT(リアット) サポーター  GPX 4.5 BK S/M 1015100120

LEATT(リアット) サポーター GPX 4.5 BK S/M 1015100120

 

 

今まではFOXのR3ルーストデフレクターを使用していましたが、ネックブレースに対応していないのと、脇腹にガードが無いので入れ替えです。

 軽量で肩とボディを守ることが出来き、価格も1万円前半なのでエントリーにはバッチリの商品です。 ネックブレースに対応していれば特に不満はありませんでした!

これからの人にはオススメです!

 

ボディプロテクタはネックブレースにあわせてLEATTを選択。

ネックブレースを合体させる事ができ、脇腹も守ってくれます!

f:id:hoitya:20170223000511j:plain

見た目はゴツいですが、着てみるとフィットして動きやすいです。

 

そして、変える予定は無かったのですが...

まさかの宝くじが当たったのでブーツを新調!

TECH1からTECH7 EDに乗り換え!

ソールがエンデューロ用なので険しい道でもグリップしてくれます。

また、最初からよく動いてくれるのでブーツの慣らしがほぼ不要!

 

◆バイクのガード

250EXCの6DAYSモデルを購入したので基本的なガードはついていますが...

何故か2016年モデルまで付属していたフロントのディスクガードが消えたので、ACERBISのものを購入しました。

純正のパワーパーツもACERBISなのですが、こちらはキャリパーはガードしてくれません...

ですが、パワーパーツじゃない方のACERBISだとキャリパーまで守ってくるので安心です!w

f:id:hoitya:20170222235921j:plain

f:id:hoitya:20170222235926j:plain

こちらも2016年モデルまであったクラッチのガードです。

なんでここらへんの部品をなくしたのでしょう...

f:id:hoitya:20170223000207j:plain

f:id:hoitya:20170223000210j:plain

これで大方のガードは出来ました!

その他、チャンバーガード、ハンドガード、リアのディスクガードは装着済みなのでそのままで。

 

ひとまずガードをガッチリきめて、バイク&体が無事に生還出来るよう、日々練習をして行きたいと思います!w

EDレースの記事お楽しみに!

250EXCに水温計をつけてみた

こんにちは。

今回は前々から持っていた水温計を取り付けようと思います。

 

取り付けるのはKOSOの水温計です。 

安い、防水、精度ヨシなので文句なしです。

 EXCには水温計を接続する穴が無いので、ラジエターホースにアダプタを噛まします。

ラジエターのパイプ経を計ったところ、18mmのアダプタがぴったりみたいです。

 このジョイントも1000円ちょっとと非常にお手頃です。

販売元のKN企画さんすっごい...

 

◆取付

それでは早速取付を始めます。

まずはウォターポンプ付近にあるドレンボルトを外し、クーラントを抜きます。

結構な勢いで飛び出てくるので注意!

完全に抜き終わったら、ラジエター下部のパイプを外s....

チャンバーが邪魔で外せないので、チャンバーを外します。

f:id:hoitya:20170120205243j:plain

 床の間に置いたらそれっぽくなりそう....

 

f:id:hoitya:20170120205355j:plain

パイプを外して、いい感じにぶった切って。

f:id:hoitya:20170120205424j:plain

f:id:hoitya:20170120205527j:plain

アダプターを差し込み、バンドでしっかり固定。

ここまで終わったら、クーラントを注入し漏れがないことを確認して、エア抜きを行います。

軽くエンジンに熱をいれてやって、しばらく放置すれば完了です。

 

これにてセンサーの取付は終了!

 

はい。

ここからが面倒くさいです。

 

ストロークのEXCはですね....

直流電源がバッテリーしかありません。

スイッチつけてバッ直するか、ACDCコンバータをつけるか....

悩んだ結果、ポジションランプの配線にACDCコンバータを取り付けました。

f:id:hoitya:20170120205949j:plain

ちゃちゃっと配線を終わらせ エンジン始動!

特に問題なくつきました! やったぜ!

◆まとめ

・KOSOの水温計安くて入手性Good

・EXCは部品の取り外しが楽

・2ストEXCは使いやすい直流電源がなくアクセサリー類が取り付けにくい...

 

以上

250EXCでロンツーしてみた

こんにちは! ほいちゃっぴです。

今回は250EXCで静岡までツーリングに行ってきました。

 

◆ツーリング前の下準備

250EXCは混合仕様の2ストロークエンジンなので、

給油するたびにオイルを混ぜなくてはいけません。

なので2stオイルを持ち運ぶための容器と計量容器が必用です。

また、ガソリンとオイルをタンク内で混ぜなくてはいけないので、ガソリンに溶けやすい2stオイルが望ましいです。

 

オイルの携行はDRCの携帯オイルボトルが便利!

150mlと30mlのタンクがあり、大きいタンクを握ると小さいタンクの方にオイルが送られるので、正確に計量できます。

 携帯オイルボトルはウエスに包んでジップロックにいれて持ち運ぶと、こぼれたときに便利!

 

SCOTT Shop Towels ブルーロール 55枚65900

SCOTT Shop Towels ブルーロール 55枚65900

 

 

続いてはオイルです、オイルは人によって好みがあるのでなんともですが、KTM指定のモトレックスがなかなか溶けやすくコスパもいいです。

MOTOREX(モトレックス) 2サイクルオイル CROSS POWER 2T 1リットル79560 [HTRC3]
 

 

私は少し高いですがAMSOILのDOMINATORを使用しています。

吹け上がりも軽くガソリンに溶けやすいので扱いが楽です。

ただオイルの色が血みたいで毒々しいですw

 

 

◆高速に乗ってみた

燃料を満タンにいれ集合場所の西湘PAに向かいます。

東名を80km/h巡航で流してみましたがバランサーのおかげで全然体が痺れません!

オフタイヤとビートストッパーの影響で100km/h以上での巡航は無理です...(縦振れとフロントの接地感が居なくなる...)

80km/h巡航なら回転数、乗り心地的にもちょうどういいです。

 

60kmほど高速を流し、西湘PAについて燃料タンクを見てみると...

半分以下です...

リッター12~13kmってところでしょうか。 2stなので仕方ないかな...orz

4stモデルのEXC-Fだとover30km/L出るみたいです。

 

◆給油

燃料が心もとないのでガソリンスタンドで給油します。

EXCは半透明の樹脂タンクなので、ガソリンがどのくらい入るかが分かります。

なので、前もってオイルをタンクにいれて、ガソリンを勢いよく注いでやると簡単に混合できます。 保険で車体を揺さぶってさらに混ぜてやるのが 吉

少し面倒ですがなれると大したことないですw

 

◆峠を走ってみた

伊豆スカイラインを走行してみました。

うっすら伊豆スカイラインが凍結していたのでビビりながら走行しました...

車体が軽いのでかなり突っ込めます、立ち上がりも2stの瞬発力のおかげでまあ速いですw モタードにしたらヤバそう

サスペンションがしっかりと仕事をしてくれ、車体も軽くパワーがあるのでとても走りやすかったです。

 

伊豆スカを全線走る予定でしたが寒すぎて辛かったので、韮山で降りて、最近オープンした「さわやか 長泉店」でハンバーグ食べて帰宅しました。

さわやか はいいぞ。

 

◆まとめ

バランサーのおかげで振動がほぼ無く体が疲れない。

車体が軽いので取り回しが楽。

タンク容量9.5リットルで、燃費がリッター12~13kmなので100km程度で給油が必用。

混合仕様なので、給油毎に混合作業が必用。

 

私的には全く疲れないバイクでした、ただちょっと給油頻度が高いので、遠出のときはオイルを多めに持っていく必用があり。

 

以上、200kmちょっとツーリングした感想です。